バーサタイルロッドとは?

連日猛暑が続いており、釣行をストップしていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今回は巷でよく言われている『バーサタイル』という言葉の意味を(飲みながら)考えてみたいと思います。

バーサタイルは英語表記をするとVersatileで、直訳すると多用途という意味のようです。今釣り具業界ではバーサタイルなロッドという表記をよく見かけますが、リールについては見かけません。これはロッドによって使用するリールの番手が決まってくるということですので、バーサタイルとはほぼほぼロッドについてということでいいかと考えます。で、ロッドについて言えば、一本でなんでもこなせるロッドということになりますが、ここでいつもしっくりこないのは、どこからどこまでの釣り(魚種ではなく釣り全体)の範囲を1本のバーサタイルロッドでこなせるかというのが定義になっているのかな?ということです。例えば釣りに行ってシーバスもエギングもやりたいとなったときに、シーバスはシーバスロッド、エギングはエギングロッドでやれるのが当然いいわけですが、やるためには当たり前ですけどロッドを2本持っていかなければいけないですよね?そうなると大体の場合リールも2個持っていく必要があるかと思います。ただ様々な理由で1本しか持っていけないとなった場合、そこで選んだロッドはバーサタイルな使い方を必然的にすることになります。どのようなスペックかはその方によって当然異なるでしょうし、シーバス、エギングどちらに重点を置くかによっても異なるのかと思います。そりゃ専用ロッドでできたほうが使い心地はいいんでしょうけど、多少の使いにくさを考慮に入れても1本で済ますということは全然ありなのかなと考えています。エギングロッドという専用ロッドがなかった時代はバスロッドなどで代用していたなんて話も聞きますしね。

一方で釣り具メーカーが考えているバーサタイルはちょっと違うようです。現在ではいろいろな魚種ごとの専用ロッドがあって、各社ともその魚種ごとにバーサタイルロッドが存在しています。ワールドシャウラだってあれはすべてのスペックのロッドに通しでワーシャの名前がついているだけで、中身は細分化されています。大体どの魚種もM~MHクラスのロッドにその名称がついていますが、特定の魚種の中でバーサタイルになんでもできるというコンセプトのもとにそのようになっているというわけですね。いわば狭義のバーサタイルということなので、定義の問題といえばそれまでですが、釣りといえばシーバスしかやらない、トラウトしかやらないという人がいたとしたらそのコンセプトでいいと思います。ただそれってむしろ少数派じゃないでしょうかね。シーバスもやる、エギングもやるなんて方ばかりと思うんですが、そんな方で何らかの理由で1本しか竿持っていけないという場合に選択するロッドが広義のバーサタイルロッドなのかと。これ、釣り具メーカーの巧みな広告戦略によって定義があやふやになり、釣り種目ごとにバーサタイルロッドが存在していますが、これは購買意欲を掻き立てるメーカーの戦略であり、ほんとはそんなことないかなと。

じゃあどんなロッドがバーサタイルかというと、釣りに行った際にそこで行う釣りのほぼすべてをカバーできる1本がそうだということになります。それはその人個人個人で違うだろうし、例えばトラウトロッドでライトショアジギングは難しいというような範囲の問題もあります。

こと私について言えば、メインがエギング~ライトショアジギングになるので、おそらく私にとってのバーサタイルロッドといえば多分40Gくらいのルアーが投げれるのがちょうどいいところなのかなと。

エギングにはちょっと強いし、ライトショアジギングにはややライト目のタックルでちょい不便さはありますが、その不便さも楽しんでいくスタイルで全然いいかと考えています。今手持ちでいうとネッサの100MH+かもしくはディアルーナ96MHあたりがそれに当たるかなと。リールはシマノでいう4000番かC5000あたりですかね。

もう一つ、電車釣行の身としてはパッキングの問題があり、あまりタックルを複数持っていけないという問題があります。ロッドを2つ以上持っていくとなると、サブロッドという形でなければ基本リールも同数必要だし、ルアーもその分増えるので、非常に荷物が重たくなります。軽い荷物でサクッと釣りに行って帰るのを至上とすると、やはり複数タックルを持っていくのは避けるべきでそんな時にはバーサタイルロッドの出番です。海釣り公園でもシーバスロッドでルアーからサビキ、餌付けたブラクリから泳がせまでやろうと思えばできますし、実際私はやっています。見た目を気にする人や、これじゃ自己満出来ないという人は難しいかもですね。私は一本の竿でなんでもこい的なのが大好きなので結構楽しめます。

と、つらつらと書きなぐってきましたが、結論としてはバーサタイルの定義は人によって異なるし、意外と何とでもなるので、ご自身の釣目範囲をもとにロッドを検討するというのがいいのではと思いました。取り留めない文ですいませんが酔っているのでお許しください。

シマノ サーフロッド ネッサ エクスチューン S100MH (スピニング 3ピース) 2020年モデル価格:56,760円
(2022/8/1 10:38時点)
感想(1件)


コメント

タイトルとURLをコピーしました